「スマイルゼミ」と「幼児ポピー」の教材・特徴を比較【口コミ・評判は?】

「スマイルゼミ」と「幼児ポピー」どっちを選ぶ?【料金、教材内容、特徴を比較】

「スマイルゼミ」と「幼児ポピー」どっちを選ぶ?【料金、教材内容、特徴を比較】

 

未就学児でも一人で学習できるタブレット教材「スマイルゼミ」幼児コース、そして45年以上の歴史がある紙教材の「幼児ポピー」

 

どっちが良いの?どっちを選べば良い?

 

と、疑問に思うママさん・パパさんもいらっしゃるでしょう。

 

 

迷われている方に少しでも教材が選びやすくなるよう、幼児コース「スマイルゼミ」と「幼児ポピー」の会費、教材内容、特徴などを比較しました。

 

 

ポピーは歴史のある紙教材、スマイルゼミは一人で学習できるタブレット教材です。


 

無料の資料請求は以下からできます↓

スマイルゼミ【幼児コース】

【幼児ポピー】

45年以上の歴史があるコスパの良い「幼児ポピー」

全家研が、昭和48年(1973年)から出版している歴史のある家庭学習教材が「月刊ポピー」です。

 

そして幼児ポピーの月額料金は「980円」です!(※年中・年長教材は1,100円)

 

 

幼児ポピーは文字や数字を覚えるドリルには子供が楽しめるシールがあったり、紙教材の特徴を活かして、親と一緒に楽しめる工作などがたくさんあります。

 

伝統と歴史のある幼児教材で、さらに会費が980円と、他の教材と比べてかなりコスパが良いのが「幼児ポピー」です。

「スマイルゼミ」と「幼児ポピー」の年齢別の教材

「スマイルゼミ」と「幼児ポピー」、それぞれ未就学児向けの年齢別教材は以下の通りです。

 

対象年齢 スマイルゼミ 幼児ポピー
2歳~3歳

-

ももちゃん
年少(3歳~4歳) 年少冬講座 ※1 きいどり
年中(4歳~5歳) 年中コース あかどり
年長(5歳~6歳) 年長コース あおどり

 

幼児ポピーは2歳から教材があります。

 

幼児コース「スマイルゼミ」は3歳以上からになります。※1:年少コースは12月から3月の期間限定講座になります。

 

年少で「スマイルゼミ」受講を考えていて、年少冬講座の期間がいであれば、年中コースを先取りすることもできます。

 

ただし注意点もあるので詳細はこちら幼児コース「スマイルゼミ」は先取り・飛び級可能

 

「スマイルゼミ」と「幼児ポピー」の料金比較

「スマイルゼミ」と「幼児ポピー」の会費、月額料金を比較します。年齢別の月額料金は以下の通りです。

 

※毎月払いで比較、「スマイルゼミ」は税抜価格、「幼児ポピー」は税込価格です。

 

対象年齢 スマイルゼミ(税抜) 幼児ポピー(税込)
2歳~3歳

-

980円
年少(3歳~4歳) 3,600円※1 980円
年中(4歳~5歳) 3,600円 1,100円
年長(5歳~6歳) 3,600円 1,100円

 

(※1 年少冬講座は12月から3月の期間限定)

 

「スマイルゼミ」はタブレット端末代金も必要です。ただし、長期利用割引があるので、長く使えば使うほど会費が安くなります。

 

 

 

月額料金で比べると、幼児ポピーの方が安いです。


 

「スマイルゼミ」と「幼児ポピー」教材の特徴は?

「スマイルゼミ」はタブレット端末で学習できる新しい学習教材です。

 

「幼児ポピー」は45年以上の歴史がある紙の教材です。

 

 

文字や数字を覚えるドリルや、小学校にあがる準備として、どちらもしっかりと学べる教材です。


 

ここからは「スマイルゼミ」と「幼児ポピー」の教材の特徴を比較します。

 

幼児コース「スマイルゼミ」教材の特徴

「すまいるぜみ」は、タブレット端末で学習できる教材です。

 

「幼児ポピー」といった紙の教材だと、親が子供と一緒に勉強をみてあげる必要があります。

 

幼児コース「スマイルゼミ」のタブレット端末

 

「すまいるぜみ」の最大の特徴は、タブレット端末が問題を読み上げたり、ヒントを出してくれることです。タブレット端末が自動的に子供の学習をサポートしてくれます。

 

そのため、親が付きっきりで子供の勉強をみてあげる必要がなく、未就学児でも一人で学習ができます。

 

「幼児ポピー」教材の特徴

「幼児ポピー」は紙教材を中心に、非常にシンプルで、子供が学習しやすい教材です。

 

子供が喜ぶシールがたくさん付いていたり、2019年4月からはスマホなどでできるデジタル教材も始まっています。

 

 

「幼児ポピー」は紙教材なので、親が子供と一緒に勉強をみてあげる必要があります。問題を読み上げたり、子供にとって難しかった場合はヒントを出します。

 

「幼児ポピー」の付録は紙などで制作して、親と子供が一緒に楽しめる教材が多いです。紙教材は親子のふれあいが自然と多くなります。

 

 

どちらを選ぶかは、無料の資料・お試し見本で確認してみてください。以下より請求できます。


 

無料の資料請求は以下からできます↓

スマイルゼミ【幼児コース】

【幼児ポピー】

「幼児ポピー」の口コミ・評判

45年以上の歴史のある月刊ポピーですが、「幼児ポピー」の口コミ・評判を調べました。

 

ツイッターでは以下のような意見がありました。

 

  • 付録がシンプルなので勉強に集中できる
  • 年少や年中にはちょうど良い

 

 

 

 

幼児ポピーは付録はシンプルですが、子供が楽しめるものが盛り沢山です。


 

幼児コース「スマイルゼミ」のメリット・口コミは以下の記事をご覧ください。

 

 

「スマイルゼミ」と「幼児ポピー」はどちらも外部評価が高い

通信教育の顧客満足度調査を実施している株式会社イードが、毎年発表してるイード・アワードというものがあります。

 

イード・アワードとは、主に通信講座を受講している保護者を対象に、インターネットアンケートを実施・調査した結果になります。

 

「イード・通信教育アワード2019幼児部門」において「スマイルゼミ」幼児コースは

 

  • 継続しやすい通信教育

 

そして「幼児ポピー」に関しては

 

  • 学費の満足度が高い通信教育

 

を受賞しています。

 

 

幼児コース「スマイルゼミ」に関しては、タブレット端末によって子供の興味が持続して勉強してくれる。

 

そして「幼児ポピー」に関しては、月額980円のコスパの良さを、皆さん感じているようです。

「幼児ポピー」の無料のお試し見本・資料

「幼児ポピー」「すまいるぜみ」、どちらとも資料請求は無料です。

 

「幼児ポピー」の資料一式

 

幼児ポピーの資料請求をすると、資料と教材の一部が抜粋された「お試し見本」がもらえます。

 

 

「幼児ポピー」あおどりのお試し見本

 

↑上記の画像は年長教材「あおどり」のお試し見本の中身です。

 

一部の教材が抜粋されたお試し見本です。実際の教材と同様にシールなども付いていて、子供の反応も確かめられます。

 

資料・お試し見本以外にも「幼児ポピー」を解説する資料、小学校入学についての冊子、プレゼントキャンペーンの資料などが入っています。

 

今すぐ「幼児ポピー」の資料請求をするなら【幼児ポピー】

 

 

もちろん「スマイルゼミ」に関しても資料請求は無料です。


 

ただしタブレット端末なので、実際にお試ししたい場合はスマイルゼミの体験会に参加するか、もしくは「全額返金保証」を利用してください。

 

【最後に】

「スマイルゼミ」と「幼児ポピー」特徴まとめ

 

「スマイルゼミ」はタブレット端末なので、親があまり面倒を見る必要がなく一人で学習できるメリットがあります。

 

幼児ポピーは紙教材なので「未就学児にはタブレット端末はまだ早い」と思う方や、勉強を通して親子のふれあいを増やしたい方にはオススメです。

 

 

どちらも評価の高い幼児教材です。教材の内容に間違いはありません。自分の子供に合うと思った教材を選びましょう。


 

 

もし迷われている方は、以下より資料請求・お試し見本は無料です。

 

まずは資料を見て考えてみてください↓

 

無料の資料請求は以下からできます↓

スマイルゼミ【幼児コース】

【幼児ポピー】