「スマイルゼミ」と小学館「まなびwith」の違いを比較、どっちを選ぶ?

幼児コース「スマイルゼミ」と「まなびwith」どっちを選ぶ?

幼児コース「スマイルゼミ」と「まなびwith」どっちを選ぶ?

 

未就学児でも一人で学習できるタブレット教材「スマイルゼミ」幼児コース、そして2019年4月からリニューアルした小学館の通信教材「まなびwith(ウィズ)」

 

どっちが教材が良い?どっちを選べば良い?

 

と、疑問に思うママさん・パパさんもいらっしゃるでしょう。「スマイルゼミ」と「まなびwith」の大きな特徴は以下の通りです。

 

 

スマイルゼミとまなびwithの特徴

  • 「スマイルゼミ」は未就学児が一人で勉強できるタブレット教材
  • 「まなびwith」は小学館のノウハウ、図鑑の教材などがある

 

「スマイルゼミ」はタブレット端末、「まなびwith」を紙教材です。

 

迷われている方に少しでも教材が選びやすくなるよう、「スマイルゼミ」と「まなびwith」の会費、教材内容、特徴などを比較しました。

 

 

 

「スマイルゼミ」と「まなびwith」の教材の特徴、それぞれのメリットを解説します。


 

資料請求はこちらから↓

\ 教材内容が分かる資料は無料です /

スマイルゼミ【幼児コース】

まなびwith

2019年4月スタートの「 まなびwith(ウィズ)」

ドラえもんが教材に登場した「ドラゼミ」が終了、2019年4月に小学館が新しく開講した通信教材「まなびwith(ウィズ)」です。

 

 

「まなびwith」は、これまでの小学館の通信教育のノウハウを詰め込んだ学習教材です。文字、数字を学ぶ「まなびブック」や、子供が楽しめる付録など盛りだくさんです。

 

 

ただし、「まなびwith」の幼児コースは紙教材なので未就学児の子供が一人で学習するのは難しいです。

 

紙教材の場合、問題の意図が分からなかったり難しい場合は、子供にヒントを出してあげる必要があります。

 

 

一方、「スマイルゼミ」ならタブレット端末なので、自動読み上げやヒントを出してくれたり、子供が自主的に学習できる機能があります。

 

 

「スマイルゼミ」と「まなびwith」の年齢別教材、どちらも年少から

「スマイルゼミ」と「まなびwith」、それぞれ未就学児向けの年齢別教材は以下の通りです。

 

対象年齢 スマイルゼミ まなびwith
年少(3歳~4歳) 年少冬講座※1 年少コース
年中(4歳~5歳) 年中コース 年中コース
年長(5歳~6歳) 年長コース 年長コース

 

どちらも年少、3歳から受講が可能です。

 

(※1)スマイルゼミ「年少コース」は12月から3月の期間限定の「年少冬講座」になります。

 

「スマイルゼミ」と「まなびwith」の月額料金比較

「スマイルゼミ」と「まなびwith」の会費、月額料金を比較します。年齢別の月額料金は以下の通りです。

 

※毎月払いで比較、「スマイルゼミ」は税抜価格、「まなびwith」は税込価格です。

 

対象年齢 スマイルゼミ まなびwith
年少(3歳~4歳) 3,600円 2,310円
年中(4歳~5歳) 3,600円 2,585円
年長(5歳~6歳) 3,600円 2,585円

 

「スマイルゼミ」はタブレット端末代金(一括払い9,980円)も必要です。どちらも6ヶ月・12ヶ月一括払いで月額料金が安くなります。

 

 

タブレット端末で学習する「スマイルゼミ」の方が、高いです。ただし、「スマイルゼミ」は長期利用割引があるので、長く契約すれば会費が安くなります。

 

長期利用割引は「まなびwith」にはないサービスです。詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

 

「スマイルゼミ」と「まなびwith」幼児コースの教材の違いは?

「スマイルゼミ」はタブレット端末で学習できる新しい学習教材です。

 

「まなびwith」は小学館のノウハウがある通信教材です。

 

 

小学校入学準備前の文字や数字を覚えるドリルは、どちらもしっかりと学べる教材です。


 

ここからは「スマイルゼミ」と「まなびwith」の教材の特徴を比較します。

 

幼児コース「スマイルゼミ」教材の特徴

「すまいるぜみ」は、タブレット端末で学習できる教材です。タブレット教材なので未就学児でも一人で学習ができます。

 

「Z会」「こどもちゃれんじ」「幼児ポピー」「まなびwith」のといった紙教材だと、親が子供の勉強をみてあげる必要があります。

 

私の経験ですが、保育園や幼稚園に通う未就学児は、問題を読んであげたり難しい問題はヒントを出したり、ある程度は子供の面倒をみてあげなければ、学習ができません。

 

幼児コース「スマイルゼミ」のタブレット端末

 

「すまいるぜみ」の最大の特徴は、タブレット端末が問題を読み上げたり、ヒントを出してくれることです。

 

タブレット端末が自動的に子供の学習をサポートしてくれます。

 

 

「スマイルゼミ」はすべてが親の代わりにはなりませんが、付きっきりで勉強をみてあげなくても良いです。


 

幼児コース「まなびwith」教材の特徴

「まなびwith」は「スマイルゼミ」と違って紙の学習教材です。

 

小学館グループが運営しているので、小学館の「プレNEO 図鑑」を使った学習教材などがあります。またデジタル版の図鑑も見られます。

 

 

「まなびwith」幼児コースは文字や数字を学ぶ「まなびブック」や特別付録などの教材があります。

 

付録にはDVD、キャラクター絵本、そして誕生日には「お誕生日カード」が届きます。また「まなびwith作文コンクール」があり、幼児に作文を書くキッカケ作りもできます。

 

そして「まなびwith」添削テストがあるのが大きな特徴です。年中コースは年2回、年長コースでは、6月、11月、2月の年3回の添削テストがあります。

 

 

添削テストにより、親と子だけの学習から、いつもとは違う学習への取り組みができます。


 

スマイルゼミ、Z会はこんな親子にオススメ!

 

子供との時間が、なかなか取れないなら「スマイルゼミ」

「子供の勉強をみてあげる時間がない」という方は、タブレット教材「スマイルゼミ」がオススメです。

 

タブレット教材には、未就学児が一人で学習できる機能が満載です。

 

スマイルゼミにも「きょうのできた!」という、子供の学習を振り返る機能があるので、親子のやり取りがなくなるわけではありません。

 

紙教材が良い!小学館の教材、添削テストなら「まなびwith」

「まなびwith」なら紙教材を通して、子供に勉強を教えながら、親子のやり取りが増えます。

 

添削テストもあるので、第3者目線からのサポートを受けられます。

 

勉強をみてあげる時間があって、タブレット端末より、自分の子供には紙教材が良い!と思われる方は「まなびwith」がオススメです。

 

 

迷った場合は、どちらも資料・お試し見本は無料です。以下より請求できます。


 

資料請求はこちらから↓

\ 教材内容が分かる資料は無料です /

スマイルゼミ【幼児コース】

まなびwith

「まなびwith」幼児コースの口コミ・評判

「まなびwith」幼児コースの口コミ・評判を調べました。

 

ツイッターでは以下のような意見がありました。

 

  • テストを楽しくやってくれる
  • ワークの内容が濃い
  • 子供1人で取り組むのは難しい

 

 

 

 

 

「まなびwith」は紙教材なので、親が子供と一緒に勉強を見てあげる必要があります。


 

 

また幼児コース「スマイルゼミ」のメリット・口コミについては以下の記事をご覧ください。

 

 

「スマイルゼミ」と「まなびwith」幼児コース、外部評価が高いのは?

通信教育の顧客満足度調査を実施している株式会社イードが、毎年発表してるイード・アワードというものがあります。

 

イード・アワードとは、主に通信講座を受講している保護者を対象に、インターネットアンケートを実施・調査した結果になります。

 

「イード・通信教育アワード2019幼児部門」において「スマイルゼミ」幼児コースは

 

  • 継続しやすい通信教育

 

を受賞しています。

 

「まなびwith」に関しては2019年4月にドラゼミがリニューアルしてスタートした新しい教材なので、まだ外部評価がありません。

「まなびwith」幼児コースの無料お試し見本

「まなびwith」「スマイルゼミ」、どちらとも資料請求は無料です。

 

「まなびwith」にの資料請求をすると、教材の一部が抜粋された「お試し見本」がもらえます。

 

「まなびwith」年長コースのお試し見本

 

↑上記は「まなびwith」の年長教材のお試し見本です。

 

私が「まなびwith」に資料請求したのは2019年8月頃です。1週間分の年長教材と教材シール、DVDなどが付いていました。

 

お試し見本以外にも「まなびwith」の解説資料やプレゼントキャンペーンのチラシなどが入っています。

 

今すぐ「まなびwith」の資料請求をするならまなびwith

 

 

もちろん「スマイルゼミ」に関しても資料請求は無料です。


 

ただし「スマイルゼミ」はタブレット教材なので、実際にお試ししたい場合はスマイルゼミの体験会に参加するか、もしくは「全額返金保証」を利用してください。

 

「スマイルゼミ」について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

 

【最後に】「スマイルゼミ」「まなびwith」幼児コースの併用は可能?

「スマイルゼミ」と幼児コース「まなびwith」特徴まとめ

 

「スマイルゼミ」はタブレット端末なので、親があまり面倒を見る必要がなく、未就学が一人で学習できるメリットがあります。

 

「まなびwith」幼児コースは親と一緒に勉強を楽しむ紙教材です。

 

 

どちらを選んでも、「文字」や「数字」はしっかり学べる幼児教材です。子供に合うと思った教材を選びましょう。


 

 

またお金に余裕があるのであれば「スマイルゼミ」「まなびwith」の併用も可能です。

 

どちらの教材も1日15分程度で終わらせるようになっています。幼児教材であれば、併用もできます。

 

 

もし迷われている方は、以下より資料請求・お試し見本は無料です。

 

まずは資料を見て考えてみてください↓

 

資料請求はこちらから↓

\ 教材内容が分かる資料は無料です /

スマイルゼミ【幼児コース】

まなびwith