幼児タブレット教材おすすめ比較2022 | 未就学児スマイルゼミ体験ブログ

幼児向けタブレット教材・通信教育おすすめ比較ランキング【2022年度版】

当サイトに、ご訪問いただきありがとうございます!

 

私の娘は、タブレット通信教材の「スマイルゼミ」を受講しています。

 

実際にタブレット教材を利用した経験、たくさんの通信教育のお試し見本や資料を見る中で、2022年度に私が感じたおすすめのタブレット教材を紹介します。

 

 

少しでもこのサイトで、皆さんのお役に立てれば幸いです!


未就学児(小学校入学前)が受講できるタブレット教材一覧

未就学児が受講できるタブレット通信教育「スマイルゼミの画面」

 

↑上記の画像は、私の子供が受講ている「スマイルゼミ」小学生コースのタブレットです。

 

未就学児(保育園児・幼稚園児)が受講できる通信教育はたくさんあります。ただし紙教材が多く、タブレット端末で学習できる教材は少ないです。(小学生以上になるとタブレット教材の種類は増えます)

 

小学校に入学する前の、幼児が学習できるタブレット教材は以下のとおりです。

 

幼児教材 タブレット教材
スマイルゼミ【幼児コース】 3歳から受講可能
こどもちゃれんじ 年長(5・6歳から)
Z会 幼児コース なし(小学生から)
【幼児ポピー】 なし
まなびwith なし
七田式通信教育 なし
Baby Kumon なし
がんばる舎 なし
RISUきっず 数学のみ対応
【天神】幼児版 0歳から受講可能
アルクのおうち英語「りすぴこ」 英語のみ対応

 

↑リンクをクリックすれば、それぞれの公式サイトに飛びます。

 

※進研ゼミ「こどもちゃれんじ」は2022年4月から年長(5・6歳)のみタブレット教材「じゃんぷタッチ」が開講しました。

 

 

タブレット教材の内容は、教材によっていはWeb上から確認できたりします。


 

2022年4月4日時点の情報です。タブレット教材とは、専用タブレット(Android)・iPadなどで学習できる教材です。メインは紙教材で、一部をスマホやタブレットでできる教材は除きました。

幼児向けタブレット教材ランキング【ベスト3】2022年度版

小学校入学前の娘と一緒に教材を受講したり、お試し見本を体験して、良いと感じたタブレット端末の通信教育を比較しました。

 

スマイルゼミの特徴

ATOKや一太郎で有名な「ジャストシステム」が運営しているタブレット教材が「スマイルゼミ」です。タブレット教材としては老舗の会社で、年少の3歳からタブレット教材があります。

月額 一括払いで月額3,278円(税込)
ポイント ジャストシステムが運営する安心の教材

 

\ タブレット教材の老舗 /

※今なら資料請求するだけで「ポケモンで覚えようポスター」がもらえます。4月27日(水)まで

【天神】幼児版の特徴

インターネットがなくても受講可能なのが「天神」です。1ヶ月毎の教材ではなく、0歳から6歳までの内容がすべて利用できる知育教材です。パソコン版とタブレット版があります。

価格 ※資料を請求すると価格の記載あり
ポイント インターネット接続必要なし

 

\ ネットがなくても利用可能 /

ベネッセ こどもちゃれんじ 資料請求プロモーション

じゃんぷタッチの特徴

進研ゼミ「こどもちゃれんじ」のタブレット教材が「じゃんぷタッチ」です。老舗の進研ゼミで安心の教材、6ヶ月以上の利用でタブレット端末の代金が無料です。

月額 2,980円(税込)
ポイント タブレット端末無料

 

\ タブレット端末無料 /

 

「スマイルゼミ」は毎月ダウンロードするタブレット教材、天神は0歳から6歳まで利用できるネット接続が必要ないタブレット教材です。

 

進研ゼミ「じゃんぷタッチ」は年長(5歳〜6歳)のみですが、2022年4月に開講した新しいタブレット教材です。

数学専用のタブレット教材【RISUキッズ】【RISU算数】

未就学児向けのタブレット教材として、上記にあげたもの以外に一つだけの教科、単一教科に特化した教材を紹介します。

 

「RISUきっず」「RISU算数」は算数に特化したタブレット教材です。年中から年長向けの教材が「RISUきっず」です。

 

 

子供の学習データを分析し、1人1人の「ちょうどいい」レベルに教材が自動に変化するため「無学年制」が大きな特徴です。

 

算数が苦手なお子さんは多いので、特化した教材もオススメです。

 

どんどん算数が好きになるタブレット教材【RISU算数】

 

タブレット教材と紙教材の違い【タブレット端末の良い点】

幼児教材のタブレット教材と紙教材の違い・特徴「スマイルゼミの画面」

 

私が実際に体験してみて、タブレット教材と紙教材との大きな違い・特徴は、以下の点です。

 

  1. 音が出たり、音楽がなるので子供が楽しめる
  2. すぐに回答が分かる
  3. 難しい問題は自動的にヒントを出してくれる
  4. どんな問題を間違えたなどがデータで分かる

 

音が出たり、音楽がなるので子供が楽しめる

教材によって特色がありますが、タブレット教材は音がでます。

 

そのため物語を朗読してくれたり、音楽が鳴って子供が楽しむことができます。

 

すぐに回答が分かる

問題を子供が回答した時に、すぐに「○」「?」を判定してくれます。紙教材のように親が答え合わせをする必要がありません。

 

難しい場合は自動的にヒントが出る

子供が難しくて回答できない問題は、タブレットが自動的にヒントを出してくれます。(※教材によって違いあり)

 

そのため、難しいまま子供が問題をやらないということがありません。

 

ただし、私の子供はヒントを出されても「難しい!」といってやらないこともありました。その時は、ヒントを出して一緒に問題を見てあげました。

 

データが蓄積される

タブレット教材なので、子供が勉強した科目や時間がデータで蓄積されます。

 

データを見れば、子供がどれだけ勉強したか、苦手な分野がひと目で分かります。

 

 

もちろん紙教材の良いところもあります。「スマイルゼミ」と紙教材を比較しましたので、以下をチェックしてください。

 

タブレット教材の注意点【万能ではない】

タブレット教材の良いところをあげましたが、やはり未就学児の子供です。タブレットだからといって、1人でずっと勉強をしてくれるわけではありません。

 

ある程度は親が一緒に勉強を見てあげたり、子供に勉強を促す必要があります。

 

 

タブレット教材だからといって、子供が1人で勉強を続けてくれるわけではありません。


 

「スマイルゼミ」のメリット・デメリットについて、さらに詳しく知りたい方は、以下でまとめているので、チェックしてください。

 

最後に

幼児向けタブレット教材はスマイルゼミがオススメ

 

私は体験会や資料請求をして、最終的に子供のタブレット通信教材は「スマイルゼミ」を選びました。スマイルゼミのタブレット端末や教材内容に満足しています。

 

「スマイルゼミ」が気になる方は、教材内容が分かる資料は無料なので、まずは資料請求してみてください。

 

もし、タブレット端末に実際に触りたい場合は、「スマイルゼミ」は体験会を定期的に開催しています。

 

体験会以外でも「全額返金保証」を利用してお試しも可能です。無料で資料請求すれば、全額返金保証の詳細や体験会について定期的にDMで案内してくれます。

 

詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

 

 

また、入会を検討している方は友達紹介キャンペーンを利用すれば、デジタルギフト(現金などに交換可)がもらえます。

 

 

 

「スマイルゼミ」が気になった方は、まずは資料請求をしてみてください。


スマイルゼミの資料請求は↓

\ 教材が分かる資料は無料です /

スマイルゼミ【幼児コース】

※今なら資料請求するだけで「ポケモンで覚えようポスター」がもらえます。4月27日(水)まで
更新履歴