STAFF

監督/ニック・ハラン

1959年、英ロンドン出身。TVシリーズや2時間ドラマといったTV向けの作品を多く監督している。映画では、2人の女性の友情を描いた感動作『ガールズ・ナイト』(97)や、実体化したバーチャル・リアリティ世界のキャラクターとのラブコメ『ヴァーチャル・セクシュアリティ』(99)などを手がけた。リメイク版『プリズナーNo.6』でプロデューサーを務めたミシェル・バックとは夫婦。二人三脚で本作の製作を続けた。

脚本/ビル・ギャラガー

代表作は、英BBCで放映されたドラマ『ラークライズ』(08〜10)。19世紀英国の片田舎ラークライズを舞台に、主人公ローラと住民たちとの交流を描くドラマで、日本では2010年10月現在、シーズン1のみ放映されている。ほかに、同じくBBC放映の警察ドラマ『Out of the Blue』(95〜96、日本未公開)や、クライムドラマ『Conviction』(04、同)など、TV作品を中心に脚本を執筆。よく練られた構成には定評がある。